仁義なき戦い - 女子中学生篇 -

毎朝バス停で仁義なき戦いが繰り広げられている事は前回書きました。

ではまずバス停のレギュラーメンバーを紹介しましょう。

毎朝のメンバーは私、背の高い男子高校生、パンチパーマのおばちゃん

そしてニューカマーの女子中学生です。


で、今朝の話。

今朝私はちょっと遅れてバス停に到着。

私が着いた時には背の高い男子高校生はベストポジションを確保していた

その隣には女子中学生とおばちゃん。

だから仁義なき戦いには敗れたかと思っていたら

なんと!バスが来たら背の高い男子高校生がドアの目の前に立っていたにも関わらず

私を先に通してくれるではありませんか!「あらこの子、何日かで成長したのね!」

と感動し、目頭を押さえながら女子中学生の後に続いてバスに乗り込むと

なんということでしょう。

彼女がまっしぐらに私の席(違うか)へ向かうではありませんか。

思わず「次はお前かっ!」と心の中で叫びました。

こんな所にもライバルがいたとは!

彼女はノーマークだった。

仁義なき戦いはまだまだ続きそうです。



戦いに敗れた今朝は、タイヤの上の窮屈な席での出勤となりました。

無念。
[PR]
by doranjiryjo | 2010-01-22 08:06 | JAPAN